カテゴリー別アーカイブ: 浮気の証拠

携帯の通話履歴で浮気の証拠をつかむ?

携帯の通話履歴で浮気の証拠をつかむというのも、定番中の定番の方法です。

携帯電話やスマホはロックがかけられていることが多く、

パートナーが肌身離さず持っていたり、わからないところに隠してしまったりするので、中をチェックすることができないということもよくあります。

契約者家族なら通話記録の紙を見れるかも?
でも、契約者家族であれば、自宅に通話記録が送られてくる場合にもチェックすることが可能です。

最近では、パソコンや携帯のメール、LINEなどで浮気相手との連絡を取るケースも多いですが、電話を使うこともないわけではありません。

会うための日時などをやり取りする以外にも、単純に声が聞きたいなどの理由で電話していることもあるのです。

通話記録をチェックすることで浮気の証拠をつかんだという例はたくさんありますから、可能であれば調べてみた方がいいでしょう。

ただし、携帯の通話履歴を請求できるのは、契約者本人だけなので、場合によってはみられないということもあるかもしれません。

レシートやクレジットカードから浮気の証拠をつかむ?

レシートやクレジットカードから浮気の証拠をつかむという人も少なくありません。

お金をいつ、何に、どのくらい使ったのかは、その人の行動を如実に表しますから、

浮気をしているのなら、レシートやクレジットカードの明細に現れてしまうこともよくあるのです。

普段行かない場所、カード明細をチェック!
例えば、普段は行かないような場所でのコンビニ買い物、カフェでのお茶代など、疑わしい証拠はいくらでもあります。

時には、買い物の内容でズバリ浮気だとわかってしまうこともあるかもしれません。

クレジットカードの使用明細の場合には、食事や買い物、宿泊代などがわかりますから、これも浮気の証拠として使えることがあるでしょう。

ただし、それだけではいくらでも言い逃れができますし、確実な証拠はいえません。

友達と行った、会社の人と行ったなど、いいわけをされてしまえば、それを否定する材料がありませんから、言い逃れを許してしまいます。

そして、一度問い詰めてしまえば、レシートやクレジットカードの明細をチェックしていることがバレてしまいますから、次からはもっと慎重になってしまうでしょう。

そうならないためにもチェックする場合は細心の注意をなさってくださいね。

SNSで浮気の証拠をつかむ?

SNSで浮気の証拠をつかむのは、かなり簡単な場合があります。

SNSではうっかり気が緩んでしまって、本音が出てしまったり、日常を書いてしまったりするものです。

パートナーのアカウントを知っていることがバレていなければ、第三者のフリをして、きわどい質問をすることだってできるでしょう。

ネットの匿名性を過信するあまり、無防備になってしまう人はよくいるのです。

適当に書いたんだと白を切られないように!

 

でも、いくらそれで確実な浮気の証拠をつかんだと思っても、それだけを武器にして戦うのはちょっと分が悪すぎます。

全部嘘だ、妄想を書いていただけ、ネット上のやり取りだけでリアルでは関係ないといった言い逃れをする人はいくらでもいます。

ですから、SNSに載せた写真や書き込みなどだけでは、浮気の証拠としては弱いのです。

もちろん、誰が見ても明らかな浮気の証拠となる写真であれば、データを保存したり、印刷しておいたりして、ぜひ残しておきましょう。

浮気のことについて書いてある日記や書き込みなども、消されたとしても読めるように保存しておきます。

自分で尾行して浮気の証拠をつかむ?

自分で尾行して浮気の証拠をつかむという積極的な人もいるかもしれません。

でも、シロウトが知り合いを尾行するというのは、非常に難しいものです。

そして、バレてしまったら、浮気を疑っていることがわかってしまいますから、今後は浮気の証拠がつかみにくくなるでしょう。

ですから、自分で尾行して浮気の証拠をつかむというのは、よほど他に手段がない時か、パートナーにバレてもいいという覚悟がなければおすすめできません。

そこまでの覚悟があればOK!

逆にいえば、バレたらバレた時だという覚悟ができるのであれば、自分で尾行して浮気の証拠をつかもうとするのもアリだと思います。

その際には、できればデジカメではなく、日付の入るフィルムのカメラを使った方がより確実です。

もし、手伝ってくれる人がいるのなら、デジカメとフィルムカメラの両方で撮っておくと、より安心かもしれません。

ただ、ここぞというシャッターチャンスは一瞬ですし、

シロウトがその一瞬を捉えて、はっきりと顔がわかるように、しかも、撮られている側にはわからないように撮るというのは、かなり難易度が高いです。

カーナビで浮気の証拠をつかむ?

パートナーが車を日常的に運転するのなら、カーナビで浮気の証拠をつかめるかもしれません。

浮気相手とデートする場合、その目的地をカーナビで検索したり、登録したりすることがあります。

よほど几帳面で用心深い性格なら、その都度、痕跡を残さないように消すこともあるでしょう。

でも、大抵の人は、検索履歴などを消去せずにそのままにしていることが多いです。

走行距離やガソリンをチェック!

また、走行距離をチェックしておいたり、ガソリンの減り具合や給油したレシートなどで、浮気しているかどうか、ある程度わかることもあります。

それに、もし、車に浮気相手が乗ったのなら、その痕跡が残っていることもあるでしょう。

例えば、相手がつけているフレグランスの香りや髪の毛、何かしらの忘れ物などが残っていることもあります。

そして、何よりもシートの位置やリクライニングの角度などもチェックしてください。

自分以外の人が乗ると、その人にとってちょうどいいように調整されることが多いので、違和感に気がつくことが多いです。

車の中には、浮気の証拠がたくさん落ちている可能性があります。

行動を記録して浮気の証拠をつかむ?

行動を記録して浮気の証拠をつかむというのも、地道ですが有効な方法の一つです。

毎日の行動の記録をつけて、そこに法則性、規則性がないかを確認していきます。

帰りが遅くなった、食事はいらないといわれた、携帯が何時に何回なったなど、事細かに記録しておきましょう。

時には、その記録自体が浮気の証拠として使えることもあります。

ネットなどで探せば、かばんなどに忍ばせることで、相手の行動を記録できるようなグッズも売られています。

とりあえずできる範囲でメモからスタート!

でも、そこまでしなくても、わかる範囲内で記録していくだけで、ある程度のことは把握できるでしょう。

そして、ある程度のデータが取れて、疑いが絞り込めたら、いよいよもっと確実な証拠をつかむために踏み込んでいくのです。

最も確実な証拠は、浮気相手との写真ですが、それを手に入れるためには、浮気をする日時をなるべく正確に予測しなくてはいけません。

そのためにも、行動を記録してパートナーを観察することは必要不可欠なのです。

生活習慣の変化で浮気の証拠をつかむ?

生活習慣の変化で浮気の証拠をつかむというのも、地味な方法ではありますが、有効な手段の一つです。

浮気をすると、ほとんどの人は生活習慣が変化します。

例えば、トイレに携帯やスマホを持って入るようになり、しかも、入っている時間が長くなったり。

会話がやけに減ったり、多くなったり。

プレゼントやおみやげを頻繁に買ってくるようになったり。

外出が多くなったり、帰宅が遅くなったりといった具合に、今までとはかなり行動が変化してくるでしょう。

一つ一つの変化はささいなことでも、それが積み重なると、浮気を疑う十分すぎるほどの根拠になります。

スマホや携帯はわかりやすい!

特に、携帯やスマホにロックをかけるようになって、頼んでもみせてくれないようになったら、浮気を疑った方がいいかもしれません。

そして、そこからもっと確実で第三者が見ても明らかな浮気の証拠をつかもうとするのなら、その証拠をつかんだ後に自分がどうしたいのかまでしっかり考えてからにしましょう。

油断させて浮気の証拠をつかむ?

油断させて浮気の証拠をつかむという方法も、場合によっては有効なことがあります。

探偵などに頼むお金がない、自分で尾行などをする時間的な余裕もないという場合には、この油断させて浮気の証拠をつかむ方法が使えるでしょう。

具体的にどうするのかというと、浮気なんて全く疑っていないというそぶりをみせます。

そして、パートナーが浮気しやすいような隙をあえてつくるのです。

隙を見せ続ければ引っかかる

例えば、この日は帰りが遅くなるといって出かけたり、実家に帰ったり、友人と旅行に行ったりして、相手を自由にさせます。

それを何度か繰り返すと、パートナーはすっかり油断して、自由になった時間で浮気相手に会うでしょう。

あとは、その日だけ探偵や知り合いに頼んで証拠となる写真を撮影してもらうか、自分で直接証拠をつかむかということになります。

想像するだけでもおぞましいことですが、パートナーの性格によっては、浮気相手を自宅に連れ込むこともあるので、そうなれば浮気の証拠は用意につかめるはずです。

知り合いに頼んで浮気の証拠をつかむ?

知り合いに頼んで浮気の証拠をつかむというのは、効果は高いものの、危険な方法でもあります。

自分で直接浮気の証拠をつかもうと動くよりは、知り合いに頼んで動いてもらう方がバレにくく、証拠が集めやすいというメリットがあるでしょう。

でも、それはその知り合いが本当に自分の味方で、信用できる人であればの話です。

もし、その知り合いがパートナーや周りの人に、浮気の証拠をつかんでほしいと頼んだことを話したりしたら、何もかもが台無しになります。

重要なのは頼む人が信頼できるか?

バイトとして多少のお金を払えば、口止めになると思うかもしれません。

しかし、もっとお金がほしくなって、パートナーに密告したり、お金だけもらって証拠をろくに集めなかったりということも起こりえます。

知り合いに頼む場合には、くれぐれも慎重に、本当にその人のことを信用できるのか、よく考えてから頼むようにしてください。

また、頼んだ知り合いは真剣に誠実にがんばってくれたとしても、プロではありませんから、証拠がつかめなかったり、パートナーや浮気相手にバレてしまうこともあるでしょう。

服装をチェックして浮気の証拠をつかむ?

服装をチェックして浮気の証拠をつかむというのは、浮気を疑った時の基本中の基本になりますね。

今までそれほどオシャレに関心がなかったのに、急に気にするようになったり、頻繁に服を買うようになったら、浮気を疑うのには十分な理由になります。

それに、みたことがない服やハンカチなどの小物が増えた時も、浮気相手からのプレゼントである可能性があるでしょう。

下着は要チェック!

また、服装で特にチェックしたいのは、何よりも下着です。

浮気している場合には、それがプラトニックであれ、肉体関係を伴うものであれ、下着に気を遣うようになります。

そして、可能であれば、洗濯前の下着の内側もチェックするようにしましょう。

ちょっと変態のような感じもしますが、体液がついている場合もあり、浮気の証拠としては疑いようのないこともあります。

ただ、そういったものをみつけたからといって、それをつきつけて問い詰めたとしても、逆ギレされる可能性があるので、もっと確実な証拠を見つけてからにした方がいいです。